ラーメンと酒屋

三日前に急に思い立って「今日はここに行くぞ」と決めたので行ってきた模様を。

f:id:aramasachan:20180602211607j:plain

三鷹です。

渋いビルの地下への入り口。

f:id:aramasachan:20180602211606j:plain

前回は「みたか」だったので、今日はこちらに。
写真に誘われ、地下へ。

f:id:aramasachan:20180602211609j:plain

すず喜。
鶏こく中華。

f:id:aramasachan:20180602211612j:plain

びっくりまんシールみたいなのが貼ってあります。

f:id:aramasachan:20180602211608j:plain

昼時のせいか、毎度そうなのか、六人ほどの行列に自分も参加。

並んでいる間も続々と客が並びます。

ツイッターでチェックしてきたので注文は決めていました。

券売機はなく、先に口頭で注文し支払いを済ませます。

f:id:aramasachan:20180602211610j:plain

こく塩 特製。

本日のトッピングがのったり、味玉が一個になってます。

スープが想像してた以上に美味い!

「濃かったら薄めますから」的なことを言われたが、全然ちょうどいいし。

ストレートなほどよい太さの麺に絡まり、すすって麺食べての回転が止まらない。

鶏チャーシューが二種類、窯炊き肩ロースも美味い。

みじん切りの玉ねぎの辛さもいい。

f:id:aramasachan:20180602211611j:plain

こく醬油。

こちらも醬油の甘みとスープの複雑な味を感じて、美味すぎて叫びたい気持ちに。

 

吹き出す汗をぬぐいながら店を出ました。

ごちそうさま。

 

ここから歩いてすぐの、

f:id:aramasachan:20170125214319j:plain

碇屋。

知らない地酒もあるし、一升瓶も充実しているお気に入り店。

興奮しながら時間をかけ厳選したものを、本日も購入。

 

次に、

f:id:aramasachan:20171203092800j:plain

関町セラー。

今回久々に行くと初めて見るものがあり購入。

ビールも充実していて、買いました。

二階がパン屋で買いたかったが、準備中だったので残念。

二階の広場でイベントもよく開催しており、今月は「あべ」の方を呼んでの飲みのイベントらしい。

近所だったら参加したい。。

 

次に、

f:id:aramasachan:20180602211613j:plain

東大泉 三又酒店。

検索して見つけた店。

六舟があったので迷ったが、冷蔵庫にもう入らないし今回は見送り。

 

次に、

f:id:aramasachan:20180602211614j:plain

f:id:aramasachan:20180602211615j:plain

練馬 窪田屋。

焼酎は結構ありました。

こちらも今回は見学のみ。

 

 次に、

f:id:aramasachan:20180602221643j:plain

荘酒店。

こちらも歴史ある店構え。

f:id:aramasachan:20180602221631j:plain

梵が種類多かった印象。

こちらも見学のみ。

 

クーラーボックス、パンパンにしつつ帰宅な一日でした。