地酒とおつまみと

晩酌日記・たまにラーメン、酒屋訪問

十六代九郎右衛門 低アル生原酒

台風の雨風強弱の音を聞いている夕方。

寒くなってきて夏も終わりだし、空はグレー、一気に季節が変わったなあと感じながら先日晩酌の様子。

f:id:aramasachan:20180930155111j:plain

十六代九郎右衛門 低アル生原酒。

若干ラベル買い気分で。

f:id:aramasachan:20180930155112j:plain

山廃仕込でキレを実現。柔じゃないぜ。

と説明が。

 

過去のこの銘柄は↓

aramasachan.hateblo.jp

 

愛山の純米吟醸は美味しかったです。

 

こちらのは、

f:id:aramasachan:20180930155113j:plain

ビリビリ、瓜、メロン、苦味。

などをピシャーッと口と喉と余韻で感じました。

 

つまみは、

f:id:aramasachan:20180930155110j:plain

鶏胸肉の山賊焼き。

要は味噌や醤油、砂糖などで味付け、ワシワシ焼いたもの。

f:id:aramasachan:20180930155109j:plain

ちらし寿司。

f:id:aramasachan:20180930155108j:plain

焼き豚。

f:id:aramasachan:20180930155107j:plain

海藻サラダ。

 

など。

秋は秋で冷やから常温、ぬる燗で地酒が美味く感じる季節。

楽しもう。