賀儀屋 カギヤセブン7 Rich Taste 無濾過純米

とあるフリーペーパーの三月号が欲しいが地元にない→大都市の店へ。

という図式をわざわざ実行した先日。

久々に行った都市の駅前近辺の停車は、大変恐ろしい。

人の数が凄い、いろんな歩き方をする人がいる、からだ。

が、帰りは酒を購入できたので良しということに。

 

で、晩酌の様子を。

f:id:aramasachan:20180304100258j:plain

賀儀屋 カギヤセブン7 Rich Taste 無濾過純米。

シンプルで洒落たラベルデザイン。

一升瓶購入。

f:id:aramasachan:20180304100257j:plain

f:id:aramasachan:20180304100256j:plain

f:id:aramasachan:20180304100259j:plain

説明が細かく書かれています。

 

そのまま部屋に置いてから、まず飲む。

f:id:aramasachan:20180304100300j:plain

注ぎたての香りは古酒っぽく。

味も神亀を思わせるような「蔵の本気のザ・純米」みたいな。

老香ではない熟成香に似た酸味、甘み、カラメル感が美味しい。

20秒ほどレンチンしてほんのり温めも美味し。

次は冷蔵庫に移動し、味がどうなるのか試してみます。

 

つまみは、

f:id:aramasachan:20180304100253j:plain

豚バラとネギ、豆腐、豆苗入れたミニしゃぶしゃぶ。

f:id:aramasachan:20180304100255j:plain

パセリ、生姜の醤油漬けを混ぜた卵焼き。

f:id:aramasachan:20180304100254j:plain

ほっけ塩焼き。

f:id:aramasachan:20180304100251j:plain

f:id:aramasachan:20180304100252j:plain

酒屋で売っていた、信州自然村ふき味噌。

f:id:aramasachan:20180304100301j:plain

ふきのとうの苦みが、たまらない。

で、これ舐めながらの日本酒。

美味すぎて震える。

 

などなど。