SABA de SHU  鯖専用日本酒

ここ数日「鬼平犯科帳」に夢中で、全文庫本を借り読み中。

よく出るのが、酒とつまみの文章。

今日読んだ中で「芋酒」「芋膾」という言葉があり、検索。

すると完全再現して楽しむ人達が多数いることに驚き&嬉し。

 

今夜も江戸の下町を表現する事が素晴らしい池波正太郎作品を読みつつ、先日晩酌の様子。

f:id:aramasachan:20181019204321j:plain

SABA de SHU  鯖専用日本酒。

f:id:aramasachan:20181019204322j:plain

鯖がダメな方には酷なイラスト。

f:id:aramasachan:20181019204323j:plain

サイトか売り場かで以前見かけて、気になり購入。

f:id:aramasachan:20181019204324j:plain

 アル添なのに、限りなく白ワインに近い味わいです。

 

つまみは、

f:id:aramasachan:20181019204320j:plain

当然、しめ鯖。

しめ鯖食べて飲む、酢→アル添感→米感→白ワイン感が激しく暴れる。

f:id:aramasachan:20181019204325j:plain

茹でたイカ

イカの潮感と旨味が合う。

f:id:aramasachan:20181019204319j:plain

ラムとモヤシの炒め。

f:id:aramasachan:20181019204318j:plain

デザインがなんとなくイイ、角玉梅酒のジントニック

 

など。