ラーメンと酒屋

すっきり爽快の夕暮れ時に、お盆の時期の買い出し様子を。

この日は初めての場所までのんびり移動。

f:id:aramasachan:20180830180832j:plain

上尾市 須田商店。

f:id:aramasachan:20180830180833j:plain

なかなかオシャレな外観と店内。

お米も様々取り扱っている、歴史が古そうなお店でした。

 

その後、お店からほんの少し走らせた場所で飯タイム。

f:id:aramasachan:20180830180834j:plain

中華そば よしかわ。

百名店に選出されていたので、気になり来訪した次第。

f:id:aramasachan:20180830180836j:plain

駐車場がそこそこあり。

夕方の部開店時に一番乗りでした。

f:id:aramasachan:20180830180835j:plain

開店前にどんどんお客さんが列をなしていました。

地元の方がほぼ多し?

 限定も気になるが、新参者はまず定番からいただかねば。

 

開店し、券を購入し席で待つ。

店内は、なんだか懐かしい気持ちにさせる昔の食堂の雰囲気。

前に会津で食べたラーメン屋を思い出す。

f:id:aramasachan:20180830180837j:plain

レモン酢か?

オツな事を。

他の店ではあまり見かけない。

そして、

f:id:aramasachan:20180830180838j:plain

煮干しそば 白醤油。

見た目も綺麗で香りで食欲増進、食べて納得の美味さ。

スープが澄んで普通の醤油に見えたが、飲むとなかなかの煮干し感がブハッと口の中で爆発。

麺は固い蕎麦のようなまっすぐ麺。

お肉は今流行りなのか?しっとりハムのようなもの、ローストビーフ的なチャーシューで満足感溢れる。

黒醤油というのもあったが、どう味が違うのかいつか試してみたい。

f:id:aramasachan:20180830180839j:plain

中華そば。

食べ始めてから慌てて撮ったので、ちょい汚いが、味は抜群に美味い。

煮干しより、しょっぱすぎない、適度な奥深い甘さの醤油が引き立つ。

刻み玉ねぎのようなものを合間に噛むと辛味がほどよく、チャーシューもジュワッとしてとにかく美味い。

懐かしい醤油ラーメン感もありながら、今風の洗練さも表現しつつで、おそれいりました、完食でございます。

 

お店の人も丁寧でテキパキ、心もお腹も満たされながら移動。

 

f:id:aramasachan:20180830180841j:plain

桶川市 沢屋。

f:id:aramasachan:20180830180840j:plain

店内に入ると、角打ちコーナーがあり、すでに常連さん達が楽しそうに飲みつつ談義していた。

初めてだったので不安だったが、面白いものが充実していたので驚き。

 

前回の川島町近辺も含め、再訪してみたい土地でありました。