田光 純米吟醸 無濾過生 神の穂

今回の全国新酒鑑評会で福島が全国最多の19銘柄が金賞受賞というニュースを観ました。

金賞の数では史上初の6年連続の日本一だそうです。

 

何度か東北遠征をする中、よく福島には立ち寄りますが、美味しい食べ物、豊かな景色、人情などに毎度感銘を受けます。

福島のお酒を、これからも味わい続けたい。

 

そんな日に紹介する先日晩酌の様子を。

f:id:aramasachan:20180520113417j:plain

田光 純米吟醸 無濾過生 神の穂。

f:id:aramasachan:20180520113418j:plain

f:id:aramasachan:20180520113419j:plain

f:id:aramasachan:20180520113420j:plain

福島の酒ではありませんが、それはのちほど。

今回は、珍しい「神の穂」という三重県産の米が気になったので購入しました。

田光はよく行く店の中でも数店舗しか見かけません。

 

f:id:aramasachan:20180520113421j:plain

一番最初の開栓したての一杯目は、すっきり華やか。

二杯目以降は、ぐっと重い味がきます。

酸味、甘み、辛さはどれかが特化してるわけではなく意外となめらか。

冷やでも、ほんのり温めても、ほっこりする美味しさ。

じっくり料理でも、軽い珍味でも、合う酒だと思います。

 

つまみは、

f:id:aramasachan:20180520113413j:plain

ソーセージとにんにくの葉(芽)の炒め。

醬油を最後にかけて。

f:id:aramasachan:20180520113414j:plain

油揚げ。

油揚げをフライパンで押し付けながら焼き、茗荷と鰹節、醬油をちょろっとかけて。

簡単おつまみ。

f:id:aramasachan:20180520113412j:plain

茄子と油揚げと豚こまの炒め煮。

肉を炒めてからその他材料を入れ、つゆの素でさっと煮る。

十分冷ましながら味をしみこませ。

煮物系は飲む前の前日に作るのが多いです。

f:id:aramasachan:20180520113416j:plain

安く売っていた卵焼き。

寿司用の甘い卵焼き。

f:id:aramasachan:20180520113415j:plain

牡蠣。

ものすごくでかかった。

殻のままレンチン。

潮味がついていて、何もかけなくてもそのままで十分。

酒が進む。

 

など。