大典白菊 純米 白菊米 火入れ

強風で広がる広大な青空を窓から眺めつつ炊飯器調理中。

醤油と生姜の香りは、なんでこうも食欲をそそるのか。

と思いながら先日晩酌の様子を。

f:id:aramasachan:20180218112038j:plain

大典白菊 純米 白菊米 火入れ。

ラベルが「買って!」と訴えてるように光っていたので購入。

f:id:aramasachan:20180218112029j:plain

f:id:aramasachan:20180218112019j:plain

岡山の店で飲んだ時、これも置いてあったなあと思い出し。

実際飲んだかな?

f:id:aramasachan:20180218112152j:plain

がつんとくる。

どっしり米の味、甘さ、などが広がるので濃い味つけのつまみに合うのでは。

印象深い酒です。 

 

つまみは、

f:id:aramasachan:20180218112048j:plain

ジョンソンヴィルの白いソーセージ。
一年に一回こういう脂すごいんじゃないかっていうソーセージが食べたくなります。

それにマッシュルーム焼いて。

横に添えてあるのは

f:id:aramasachan:20180218112057j:plain

ザワークラウト

キャベツの塩漬け。

f:id:aramasachan:20180218112143j:plain

レタスにザワークラウトもまぜたサラダ。

 

幼少期、家族でドイツビアレストランで食べた時、ハンバーグやソーセージの隣にこれが。

なんじゃこのキャベツの酸っぱいのとしょっぱい味は!美味いじゃないか!

と、そればっかり食べていた思い出が。

何十年もたってようやく「作らず購入してみよう」と思い、自分にとってはお高い瓶詰めを購入した次第です。

一口食べるや、あの味だ!と納得。

意外と量が入っているので、野菜高騰の時期、たまにはこういうのもいいのかも。

ただ塩分等を考慮すると一気に食べすぎは注意かな。