よろしく千萬あるべし

夜は短し歩けよ乙女」を観た。

その中で共感したのは、主人公が好きになる武道に通じる酒豪の「黒髪の乙女」が前半、酒を飲むシーン。

仲間と語り合いながら、店を渡り歩き知らない人達と、老人と勝負しながらと。

それが酒飲みになら「ほおほお・・・」とわかるのでは。

現代・ファンタジー・恋愛・人間関係・強烈なそれぞれのキャラクター設定・舞台の京都・大学生活・絶妙な色設定・主人公のいじいじっぷり。

全てが不思議と印象に残り、作者の他の小説も読んでみたいと思った。

 

そんな日にご紹介する酒とつまみは、

f:id:aramasachan:20171105165822j:plain

よろしく千萬あるべし 米焼酎

f:id:aramasachan:20171105165823j:plain

f:id:aramasachan:20171105165824j:plain

八海山の焼酎。

清酒酵母黄麹を使用した黄麹三段仕込仕様。

発酵途中に清酒粕を加えて貯蔵年数2年以上、らしい。

とにかく飲む。

f:id:aramasachan:20171105165825j:plain

米のなせる技か?まろやかクリア、とげとげしてない。

飲みやすい。

どの料理と合わせてもマッチする甘み、口の中に感じるほどよいアルコール感。

お湯割りは優しい香りが引き立ち更にまるい味に。

 

f:id:aramasachan:20171105165821j:plain

人参セロリサラダ。

f:id:aramasachan:20171105165820j:plain

シチュー オン ライス のビーフストロガノフ風。

ほぼ完全にシチューの味。

もう一種類のチキンフリカッセ風も気になる。

こんな暴れん坊メニューにも焼酎の水割り・ロックは合う。

 

などなど。