DATE SEVEN  EPISODE Ⅲ 純米大吟醸 生酛

夏といえば花火。

たまには近くまで行き花火大会を見ようと思い。

f:id:aramasachan:20170812210410j:plain

どーん。

f:id:aramasachan:20170812210409j:plain

どどん。

なかなか見応えがあります。

f:id:aramasachan:20170812210411j:plain

どーんしゅぱぱ。

f:id:aramasachan:20170812210412j:plain

車停めてビール飲みながら撮ったので、ぶれぶれ。

周りの子供たちがものすごい「きゃー!!」と歓声を上げていました。

純粋に楽しんでるなぁと感心しました。

 

そして晩酌日本酒は、

f:id:aramasachan:20170812210405j:plain

DATE SEVEN Ⅲ 純米大吟醸 生酛。

f:id:aramasachan:20170812210406j:plain

宮城の酒造が集まり作っている酒。

今年は萩野酒造がリーダーとの事。

なかなかの値段でしたが是非飲みたいと思い購入。

f:id:aramasachan:20170812210407j:plain

開栓したては上品華やか静かな味。

飲みすすめるうち、濃厚・米の旨みたっぷりの日本酒感がグイグイ。

薄い味わいは全くなく甘みや酸味苦味バランスとれた味。

ロックで飲んでも美味しい。

f:id:aramasachan:20170812210403j:plain

卵焼き。

f:id:aramasachan:20170812210402j:plain

ハムサラダ。

f:id:aramasachan:20170812210408j:plain

メンチカツとささみフライ。

f:id:aramasachan:20170812210401j:plain

岩手のまる蟹(ヒラツメガニ)が安かったので。

f:id:aramasachan:20170812210404j:plain

味噌汁に。

食べる身は少ないが蟹の出汁が染み出て旨し。

 

などで晩酌いたしました。