朝食と虫観察

激しい落雷&豪雨で無理やり起こされた早朝海の日。

しょうがないので朝飯を。

f:id:aramasachan:20170717083647j:plain

目玉焼き、サメ焼き生姜醤油。

目玉焼きにはソースか醤油かなどと論争を巻き起こしますが、

だいたい醤油。

さらにタバスコや味の素なども。

f:id:aramasachan:20170717083648j:plain

冷奴。

f:id:aramasachan:20170717083651j:plain

しらすおろし大根。

 

 

 

この先は虫なので閲覧注意。

 

 

 

f:id:aramasachan:20170717083652j:plain

小さいが実が膨らんできたゴーヤ

 

ぶどうの葉をさんざんかじられ成長中の

f:id:aramasachan:20170717083649j:plain

f:id:aramasachan:20170717083650j:plain

二匹の幼虫。

調べたところたぶんブドウスズメという蛾になる虫ではないかと。

最初はアゲハかと思ったが違うようだ。

蛾は苦手だが緑の青虫時代はちょっとだけかわいい。

 

こうして観察していると、小学生の夏休みの自由研究で、庭の蜘蛛の研究をまとめたのを思い出す。

数種類の蜘蛛がよく毎朝巣を貼っていて。

雨あがりの朝は、たくさんの水玉が巣に張り付き、朝日でキラキラと輝いてキレイだった。